Loading...
X

マタニティーウェアのデザインや種類が年々増加

妊娠して辛い悪阻が始まり、ウエストを締め付けるズボンやスカートがはけなくなりました。その時大活躍したのがマタニティーレギンスです。

当時、マタニティーウェアの種類が少なくレギンスも本当にバッタリ西松屋にあったのを購入しました。

めっきりワンピースで過ごすことが多くなった為、タイツもマタニティー用は高くて手が出ませんでしたが、マタニティーレギンスを購入していたためタイツ代わりに出産迎えるまで履いていました。

タイツだと締め付けてしまうのですが、レギンスはゆったりと履けたため、夜寝るときもパジャマの下に履いていても全然苦しくなく暖かく眠ることができました。

現在3人の子宝に恵まれ日々子育てに奮闘していますが、一番下の子を出産したのが去年で、この頃には通販でも沢山のマタニティーウェアが出ていました。

pregnant-1541527_640

そして、驚くことにマタニティーウェアとしても着ることができる普通の服も数多く出てきていました。
やはり、お店で買うと高くつくのでインターネットで検索をかけましたが、マタニティーオンリーの服も多いですが、お手頃価格で出産後も着れるようなデザインが数多く検索に引っ掛かりました。

マタニティーオンリーのウェアだと授乳口があるチュニックだったりしますが、出産後でも着れるような服だと前開きでボタンやファスナーといった可愛いデザインの服が目立ちました。

私は、胸の位置が可笑しいのか、授乳口のある服は授乳口の意味がなかったので、妊娠していないときでも着れるようなデザインの服が多かったです。

最近のマタニティーウェアは、本当にデザインと機能性が備わっていて素敵だなと思いました。